『Reading book & Cello Music  演奏朗読会「セロ弾きとセロ弾きのゴーシュ」

2017/9/9(SAT)
Frankfurt J’epoca SAKAbar

 

Player

Reading (朗読) : Ayako Ogata / 緒方綾子
Cello : Alice Uehara / 上原ありす

 

About this concer

Gauche the Cellist
(Sero Hiki no Gōshu, also transliterated Gorsch the Cellist or Goshu the Cellist) 
is a short story by the Japanese author Kenji Miyazawa.
It is about Gauche, a struggling small-town cellist who is inspired by his interactions with anthropomorphized animals to gain insight into music. 
There are some classic music appear in this story. I play those music by cello, we express world of this story in reading and music.
We can perform in German und Japanese. 

宮沢賢治によって執筆された『セロ弾きのゴーシュ』
名前の通り、チェロ奏者であるゴーシュの物語で、毎晩の練習中に訪れる動物たちの、風変わりな注文に応えながら演奏をするうち、彼が一人の奏者として成長していくお話です。
物語にはもちろん「音楽」が登場します。
語られる音楽を私がチェロで演奏し、ゴーシュの物語の世界を朗読と音楽によって表現する。
それがこの「演奏朗読会」なのです。
(現在、ドイツ語と日本語での公演が可能です。)

 

PHOTO

 

 

VIDEO

 

 

REPORT & ESSAY

 

『セロ弾きとセロ弾きのゴーシュ』本番後記

 

セロ弾きによる『セロ弾きのゴーシュ』選曲考察

 

 

 

The following two tabs change content below.
【ドイツ在住チェロ奏者・エッセイスト】 東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、東京藝術大学音楽学部を経て、渡独。現在 Hoschule für Musik Mainz(マインツ音楽大学) にて留学中。 ドイツと日本の二カ国を拠点とし、演奏・執筆活動を行っている。 詳しいプロフィール・他記事はサイトまで。