『Mozart Krönungsmesse in Ingelheim  ≪戴冠ミサ≫ 演奏会

2019/8/24 (SAT) 11:00
2019/8/25 (SUN) 17:00

Evang. Saalkirche Ingelheim

 

Player

Georg-Philipp-Telemann-Chor Ingelheim (合唱団)

Singakademie für Kinder und Jugendliche (青年合唱団)

Sop. (ソプラノ) : Manuela Strack
Mez. (メゾソプラノ) : Rebekka Stolz
Ten. (テノール) : Thomas Dorn
Bas. (バス) :  Björn Rodday

Orcester : Capella Palatina Ingelheim
(Concertmaster : Oliver Wendland)

Organ : Iris Lenz

Conductor/Organ : Carsten Lenz

 

PROGRAM

All Mozart

  • Ave verum corpus KV 618
  • Laudate Dominum KV 339
  • Exsultate, jubilate KV 165
  • Fantasie f-moll KV 608 (only organ)  / 自動オルガンのための幻想曲
  • Krönungsmesse C-dur KV 317 / 戴冠ミサ

 

PHOTO

 

 

REPORT

マインツから電車で10分ほどの街『インゲルハイム』
そのプロテスタント教会にて、モーツァルト漬けの三日間を過ごしました。

十字架を模った教会は、専属の合唱団と青年合唱団を抱え、オルガンコンサートの他、合唱団による演奏会を年に2度ほど行っているそうです。
(ありがたいことに、クリスマスコンサートにも声をかけていただき、再度ご一緒させていただくことが決まりました!)

やはり、大人数の合唱団と共に行う演奏会は、音が何層にも重なることによって響きが響きを呼び、演奏している私自身も、まさに心を揺らされる思いとなります。
石造りの堅い床から立ち上るような、ひんやりとした冷気。静けさ漂う教会という会場の空気感も相まって、音によって生まれる振動を、より身体が受けているように感じられるのかもしれません。

合唱団の方々は皆さん親切かつとても気さくで、練習日から演奏会の連日、駅から教会までのオケメンバーの送り迎えも行ってくださいました。
コンサート当日は満席、CDやDVDの発売も行っていて、精力的に活動を行っている印象を受けました。

演奏による充実感と共に、人の温かさも感じさせてくれる、この教会での演奏会。
今後も繰り返し、参加させていただけたらなと思っています。


今回の演奏会の中で思いを馳せた、作曲家・モーツァルト。
短い散文を書いてみました。

『神と、人と、天才と』(note)

 

The following two tabs change content below.
【ドイツ在住チェロ奏者・エッセイスト】 東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、東京藝術大学音楽学部を経て、渡独。現在 Hoschule für Musik Mainz(マインツ音楽大学) にて留学中。 ドイツと日本の二カ国を拠点とし、演奏・執筆活動を行っている。 詳しいプロフィール・他記事はサイトまで。