Stage Performance in Anniversary Party of CREFORM  周年記念パーティー祝賀演奏

2019/09/20 (FRI)
CREFORM Technik GmbH. (Kassel-Wilhelmshöhe)

 

Trio風雅

Nihon-Buyou(Japanese Dance) : Sen Yumeji Nishikawa  (西川扇夢二)
Flute : Mutsumi Ito  (伊藤むつみ)
Cello : Alice Uehara  (上原ありす)

 

PROGRAM

  • A. Vivaldi : Chamber Concerto in D major 2 mov. (Duo)
  • Hoffmeister : Duo op.6 mov.1 (Duo)
  • Nihon-Buyou Solo
  • Michio Miyagi : Haru no Umi / 春の海

 

PHOTO

coming soon…

 

REPORT

日本舞踊とクラシック楽器との活動「Trio 風雅」
最近では、ドイツに進出されている日本企業様などから、今回のような祝賀演奏をご依頼いただく機会が増え、本当にありがたい限りです。
間近で堪能する機会の中々ない日本舞踊と、生演奏。更には、他文化の融合がとても面白いと、演奏後の皆様の喜んでいただけているご様子に、奏者である私自身も毎回嬉しさを覚えます。

当日、会場が少し遠方であったこと、本番が昼頃であったことから、マインツに住む私は朝の5時台に家を出発…。
眠気と戦いながら外へと踏み出したのですが、めっきり秋めいた早朝のキリリとした空気に一瞬で目が冴え、冷気に感謝を覚えました。

今回、プログラムのデュオ演奏に、人前での披露は初めてとなる一曲を取り入れました。
それが、ヴィヴァルディ作曲の室内協奏曲。
観客の皆様に楽しんでいただけるよう、この曲ではフルートを持ち替え「トラベルソ」で演奏をしました。

「トラベルソ」とは、今日のフルートの前身となった楽器。
バロック時代、つまりはヴィヴァルディやバッハが生きていた頃、実際に演奏されていた楽器です。
楽器全体が木で出来ており、心地よく柔らかな音が鳴ります。

フルートの伊藤むつみさんは、ドイツにてフルートでの大学院を卒業後、この「トラベルソ」でも、先日院を卒業されました。そのため、今回の演奏法が叶ったのです。

二本の楽器を持ち替えることで、視覚的にも音質的にも、面白さを味わっていただける。
今後もこの曲は様々な場所で演奏していけたらと思っています。

 

The following two tabs change content below.
【ドイツ在住チェロ奏者・エッセイスト】 東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校、東京藝術大学音楽学部を経て、渡独。現在 Hoschule für Musik Mainz(マインツ音楽大学) にて留学中。 ドイツと日本の二カ国を拠点とし、演奏・執筆活動を行っている。 詳しいプロフィール・他記事はサイトまで。