チェロ奏者 上原ありす  (Alice Uehara) 

      

 

東京都出身、5歳よりチェロをはじめる。

東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京藝術大学音楽学部を卒業。
現在、ドイツ・マインツ音楽大学(Hochschule für Musik Mainz) に在学中。

フランクフルトを拠点とし、日本・ドイツの二カ国でチェリスト・文筆家として活動中。

これまでチェロを、
臼井洋治、中村美保、遠藤真理、安田謙一郎、増本麻里、菊池知也、山崎伸子、
Wolfgang Böettcher、Manuel Fischer-Dieskau、Sabine Kramsの各氏に師事。

室内楽を、
澤和樹、花崎薫、東誠三、野口千代光、伊藤恵、鈴木理恵子、玉井菜採、加藤洋之の各氏に師事。

 

第18回日本クラシック音楽コンクール入選。
第3回蓼科音楽コンクール第1位。
第7回ブルクハルト国際音楽コンクール最高位。
第66回全日本学生音楽コンクール大学の部入選。

 

大学在学中、バッハカンタータクラブに所属。
2010年4月、NHK教育番組「schola」にて坂本龍一と共演。

2011年、東京藝術大学演奏芸術センター制作企画「芸大と遊ぼうin北とぴあ」
”アリスの不思議な動物園”にて役者として主演をつとめ、劇中にてチェロ独奏。

2012年より、東日本復興支援「はな募金チャリティLIVE」に参加。

20138月 日本フィルハーモニー定期公演にて、渡辺俊幸、さだまさしと共演。

 

ソロの活動と共に、フルート&チェロ・デュオ『Duo Fuga』を結成。
その他にも、様々な楽器やジャンルを問わない表現者とのコラボにも挑戦中。

2015年より、ドイツ・ヘッセン州を中心に活動を行っている若手オーケストラ
“Beethoven Orchester Hessen”の首席チェリストをつとめる。