Archive (page 1 of 10)

Baroque x Joe Hisaishi

 

『Summer Concert -Baroque x Joe Hisaishi-』
 ~サマーコンサート バロックx久石譲~

2022/07/24 (SUN)  13:00
Tenri Japanisch-Deutsche Kulturwerkstatt (天理文化会館)

 

 

PERFORMERS

  • Soprano : Chieko Kinugasa(衣笠千恵子)
  • Baroque oboe : Yuki Steinbach
  • Cembalo : Emiko Sato(里恵美子)
  • Lute : Tobias Emmerich
  • Baroque cello : Alice Uehara  (上原ありす)

 

 

PROGRAM

    • T. Merula : Gaudeamus omnes Op.11
    • Joe Hisaishi : Summer (“Kikujiro’s Summer 菊次郎の夏)
    • G.F. Heandel : Das zitternde Gleanzen der spielenden Wellen HWV203
    • Joe Hisaishi : A town with an ocean view (“Kiki’s Delivery Service 魔女の宅急便)
    • H. Purcell : Bid the Virtues
    • Joe Hisaishi : Memory (“Departure おくりびと)
    • G.F. Heandel : Meine Seele hoert im Sehen HWV207
    • Joe Hisaishi : One Summer’s Day / The Name of Life (“Spirited Away 千と千尋の神隠し)

 

 

PHOTO

 

 

REPORT

7月最後のお仕事は、古楽器アンサンブルグループ “Dulcis Dolor” によるサマーコンサート。
バロック時代に作曲されたクラシック音楽と、ジブリをはじめ日本映画音楽の作曲家として世界的にも有名な、久石譲氏の作品を組み合わせたプログラムをお届けしました。

暑い中たくさんのお客様に足を運んでいただいた上、私の場合は大変ありがたい事に、フランクフルトで受け持っているレッスン生の皆さんが、家族総出で聞きにいらして下さいました。
チェンバロやリュートなど、普段中々目にすることの出来ない楽器と直接触れ合うことができ、更に生徒さん同士での交流を持てたことで、皆さんとても楽しんで下さったそう。私としても、嬉しい限りでした。

チェンバロの運搬を手伝ってくれた方々。会場を提供してくださった天理日独文化工房の皆様。宣伝用のチラシにプログラムのデザインまで担当してくれた友人は、当日ドリンク販売まで手伝ってくれたり。
沢山の方々に支えられ、無事にコンサートを終えることが出来ました。改めて、本当にありがとうございました!

そして何より。
今回のコンサート、企画から編曲にオーガナイズと、先頭に立って我々をまとめて下さった 悠樹シュタインバッハ さんに、多大なる感謝を!

 

“Pied-Piper of Hamelin”

 

『Children’s Chorus & String Quartet  “Pied-Piper of Hamelin”』
 ~児童合唱劇 ハーメルンの笛吹き~

2022/07/09 (SAT)  17:00
2022/07/10 (SUN)  17:00
Ingelheim

 

 

PROGRAM

  • G.Kretzschmar : Pied-Piper of Hamelin
     

 

PHOTO 

 

 

REPORT

7月第二週末、古巣マインツの近郊インゲルハイムでお仕事。

コロナ前は何度か演奏会に参加させていただいていた教会の方から、イベント再開により久しぶりにご連絡をいただきました。覚えてて下さって嬉しい!

お仕事内容は、教会の児童合唱団による劇の劇音楽演奏。
中々ハードスケジュールだったけれど、衣装を着た子供たちの可愛さに癒されたお陰で、乗り切ることができました。

 

NIPPON CONNECTION 2022

 

『NIPPON CONNECTION 2022  Duo Fuga Concert』
 ~日本映画祭 Duo Fuga コンサート~

2022/05/26 (THU)  18:00
Naxos-Halle

 

 

PERFORMERS

  • MC : Ayako Ogata(尾方綾子)
  • Costume Coordinater : Emiko Takano

Duo Fuga

  • Flute : Mutsumi Ito(伊藤むつみ)
  • Cello : Alice Uehara  (上原ありす)

 

 

PROGRAM

First half : Japanese Folk song

    • Sakura / さくらさくら
    • At song at the seaside/ 浜辺の歌
    • Moon over the Ruined Castle / 荒城の月
    • Calm sea of spring / 春の海
    • Flower /

Second half : Tokyo Olympic 2021

    • Paprika / パプリカ  :  米津玄師
    • SUKIYAKI / 上を向いて歩こう  :   坂本九
    • Kite / カイト  :  嵐 , 米津玄師
    • SMILE / SMILE~晴れ渡る空のように~  :  桑田佳祐

 

 

PHOTO 

 

 

REPORT

毎年出演させていただいている、フランクフルト日本映画祭 “NIPPON CONNECTION”

コロナの影響でオンライン開催となっていた2年を経て、今年は満を持しての通常開催!我々も久しぶりに生演奏をお届けしました。

今回は、毎年お世話になっているMCの尾方綾子さんに加え、イラストレーター・着物クリエイターなどドイツでマルチにご活躍中の Emiko Takano さんに衣装協力をしていただきました。

お二方、そしていつも我々をオーガナイズしてくれる Neco をはじめスタッフの皆様、当日足を止め演奏を聴いてくださった観客の皆様、本当にありがとうございました!

 

Church Concert

 

『Chichester Psalms & Magnificat Concert』教会コンサート

2022/05/21  19:30
St. Marien, Belgisch Gladbach – Genau

2022/05/22 18:00
St. Josef, Belgisch Gladbach – Heidkamp

 

PERFORMERS

Soprano : Inga Balzer
Management : Johannes Honecker
Chor Tonart
Chamberorchestra Caleidon

 

PROGRAM

  • L. Bernstein : Chichester Psalms
  • J. Rutter : Magnificat

 

 

PHOTO

 

 

Japanese Folk Songs Tour

 

『Japanese folk songs tour on old european instruments』
 ~西洋古楽器による日本民謡めぐり~

2022/04/27 (WED)  19:00
Japanisches Kulturinstitut (ケルン日本文化会館) 

 

 

PERFORMERS

  • Barockoboe : Yuki Steinbach  (悠樹シュタインバッハ)
  • Soprano : Chieko Kinugasa  (衣笠千恵子)
  • Cembalo :  Emiko Sato (里恵美子)
  • Barockcello : Alice Uehara  (上原ありす)

 

 

PROGRAM

  • Yagi-Bushi / 八木節
  • Hanagasa-Ondo / 花笠音頭
  • Itsuki no Komori-Uta / 五木の子守歌
  • Konpira-Fune-Fune / 金毘羅船船
  • Tinsagu nu Hana / てぃんさぐぬ花

 

 

PHOTO  ©June Ueno

 

 

VIDEO

 

 

REPORT

ありがたいことに、先月行った「セロ弾きのゴーシュ」コンサートに引き続き、再度ケルン日本文化会館の舞台にて演奏をさせていただきました。

今回は、オーボエ奏者の悠樹シュタインバッハさんによる企画プロジェクトで、連邦政府文化・メディア委任官による「Neu Start Kultur」からの助成金をいただいてのコンサート。日本各地に残る民謡を現代風に編曲し、ヨーロッパの伝統楽器(現代で広く演奏されているモダンのクラシック楽器ではなく、あえてバロック時代に実際に用いられていた古楽器)で演奏することで、二つの文化の懸け橋となることを目指す、というテーマが掲げられていました。

一曲ごとにシュタインバッハさんの解説を挟みながら進むプログラムは、奏者である私自身も勉強になることが多く、日本民謡に用いられている和声や音階などの作曲技法を、クラシック音楽における視点から紐解いてゆく様は、まさにテーマにもあった『懸け橋』という言葉通り。また、後半に演奏した「金毘羅船船」では観客の皆様から三人ほど挑戦者を募って、お座敷遊びを体験してもらうデモンストレーションを行ったのですが、舞台と客席が一体となって笑いと拍手が沸き起こり大いに盛り上がりました。

そうした、アカデミックさとエンターテイメント性がバランスよく両立した、本当に質の高いコンサートに参加させていただき、奏者の一人として心の底から楽しいひと時を過ごすことが出来ました。ご来場くださった皆様、公演にあたってご協力くださった多くの方々に、この場を借りて改めてお礼を述べさせていただきたいと思います。本当にありがとうございました。

 

Older posts